アミューズメント通信


Last updated on March 20, 2020

【ニュースダイジェスト】

 .新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、遊園地やゲーム場の営業が縮小・延期されるだけでなく、国際的な展示会までもが延期や休止を余儀なくされている。イタリアのENADAスプリング(3月中旬、リミニ)は9月末に延期された。5月中旬開催予定だったマカオのG2Eアジアは7月下旬に延期となった。4月中旬予定だった台湾のGTIは中止となり、来年開催予定になった。6月中旬にマカオ予定だったIAAPAエキスポアジアは来年6月開催まで延期になった。なお、最新時点での国際的な展示会の開催地、期間、ウェッブサイトはカレンダーサイトで示されている。

 .新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、米国ウォルトディズニー社は3月12日、カリフォルニア州アナハイムの「ディズニーランド」、「カリフォルニアアドベンチャー」を14日から3月末まで臨時休業すると発表した。同社は13日、フロリダ州オーランドの「ウォルトディズニーワールド」(WDW)を閉鎖、「マジックキングダム」、「エプコット」などを臨時休業した。同社はまた、フランスの「ディズニーランド・パリ」の臨時休業を明らかにした。

 .オリエンタルランドは3月11日、3月15日まで延長してきた東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの臨時休園を、4月上旬まで延長すると発表した。新型コロナウィルス感染症の拡大防止のための、政府の「10日程度の自粛延長」要請を受けて決めた。また4月15日に予定していた大規模開発エリアの開業は、5月中旬以降に延期することになった。一方、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は3月15日までの臨時休業を22日まで延長した。サンリオピューロランドとハーモニーランドも臨時休業を3月20日まで延長した。

 .バンダイナムコアミューズメントは3月3日、新型コロナウィルス感染症に対する政府方針を踏まえ、国内で運営するゲーム場、VRゲーム場、テーマパークなどを、基本的に3月4日(一部は2月29日)から15日まで一時休業することを決めたと発表した。ラウンドワンは政府・関係機関の方針を受け、北海道にある5店舗を3月4〜14日、臨時休業とした。また同社は同様に、3月2日〜6日、9日〜13日に限り、保護者同伴でない小中高生のみの入場は断るとの方針を明らかにした。セガ・エンタテインメントも3月2日〜6日、9日〜13日に限り、保護者同伴でない小中高生のみのゲーム施設入場は、開店から午後3時まで断ることを決めた。イオンファンタジーは3月19日に営業を再開すると17日に発表した。

 .共和コーポレーションは3月13日、昨年12月に破産したアーネスト(本社大阪)向け中古ゲーム機の販売に関し、不正な架空循環取引に巻き込まれていた疑いが出てきたため、第三者委員会を設置して調査していたが、事実であるとの調査報告を受け、財務諸表を訂正、常務らに対する処分を行い、再発防止に努めることにした。これに伴い第3・四半期までの累積(4−12月)決算を発表、通期(4−3月)業績予想も下方修正した。

 .一般社団法人日本クレーンゲーム協会(埼玉県行田市、中村秀夫代表理事)は3月9日、一般社団法人日本記念日協会から3月3日を「クレーンゲームの日」に制定することが認定されたと発表した。クレーンゲームの資格認定などを通じてその文化の普及を図るという、任意団体に近いグループと見られる。アラビア数字の「3」を組み合わせるとクレーンのアームを想起させるところから、12月にこの日を制定、記念日協会の登録を得たもの。3月3日に記念イベントを催したとのこと。

 .セガ社のキャラクターが主人公になって活躍する冒険アニメ映画「ソニック・ザ・ムービー」(原題「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」)が米国で公開10日目に、興行収入2億ドルを突破した、とセガ社は2月26日発表した。日本では3月27日公開予定で(その後公開予定は未定となった)、期待が集まっている。セガサミーHDの子会社である、セガ・オブ・アメリカ社と映画制作のパラマウント映画社が共同制作したこの映画は、公開3日間での興行収入5801万ドルを上げ、これまでの記録(「名探偵ピカチュウ」の5430万ドル)を塗り替えている。

 .米国の現在第2のフリッパーメーカー、ジャージジャックピンボール社(JJP、シャック・ガーニエリ創業者CEO)は2月26日、製造拠点をニュージャージー州レイクウッドから、イリノイ州グローブビレッジに移すと発表した。米国のフリッパーメーカーはスターン社だけになって久しいが、ベルギーのエラウト社傘下のJJP社が独自にフリッパー製造を宣言、第1作の「オズの魔法使い」(13年)など製造、実績を積み上げてきた。今回の移転理由は明らかにしていないが、やはりシカゴ郊外の方が有利と見たためと考えられる。


 ◎ 上記以前のニュースは、本紙「バックナンバー」を参照してください。以後の最新ニュースは「速報」で。

業界紙「ゲームマシン」は1974年以来、TVゲーム機を含む業務用アミューズメントマシン、遊園施設などに関する業界ニュースを、月2回のペースで伝えてきましたが、2002年6月15日号までで一応休刊、事務所も移転しました。Phone(0798)65‐8361です。