News Sokuhou
ホームページ未掲載のニュースを臨時に紹介します。
アーケードゲームの歴史をたどるリンク集です。本サイトに「日本娯楽商報」も一挙掲載しました

ニュースレリースまたはニュースになる資料を直接メールでお送り下さい。

 .遊園地「サントピアワールド」(新潟県阿賀野市)が10月3日〜11月29日の毎週末、奇想天外な企画「ぎりぎりアトラクション」を考案し、話題になっている。第1弾は大型扇風機を設置した「爆速メリーゴーランド」、第2弾は空港や機内の放送を模した「エアーエアポート」、第3弾はゴンドラが暗幕に覆われた「瞑想大観覧車」とアイデアが冴えている。入場者数は年間数十万人ほどで、「コロナ禍」のため今年度は半分程度まで落ち込むと見られるが、巻き返せるか。(10月19日)

 .「アタリ」のブランドでホテルを展開することで、1月に提携を発表した米国アリゾナ州のGSDグループ社とアタリホテル社は10月14日、イメージ図とともに、最初ラスベガスとフェニックスで着工することを発表した。ビデオゲームを中心としたエンタテインメントの過去・現在・未来を融合させ、ユニークなホスピタリティを実現することを目的とするもので、レトロファンからハードコアのプレイヤーまで幅広く満足させるものになるもよう。(10月16日)

 .エスケイジャパンは10月14日、第2・四半期までの6ヵ月(3−8月)決算を発表、売上高は15%減の28億千8百万円、経常利益は55%減の1億3千6百万円、中間利益は65%減の1億千百万円だった。分野別ではゲーム場向け景品(キャラクターエンタテインメント)の売上高がゲーム場の臨時休業などにより、35%減の14億円、利益が61%減の1億円、キャラクターファンシーの売上高が30%増の13億円、利益が25%減の2千万円だった。(10月14日)

 .米国の業務用AM機展、「アミューズメント・エキスポ・インターナショナル」(AEI)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開催予定を遅らせることを決めた。開催地はラスベガスで、AEI2021の初日は会議、2−3日目は展示会となっており、当初予定は3月16−18日だったが、5月5−7日に延期した。伝統があるAMOAエキスポとAAMAのASIの流れを引き継ぐものとなっている。(10月10日)