News Sokuhou
ホームページ未掲載のニュースを臨時に紹介します。
アーケードゲームの歴史をたどるリンク集です。本サイトに「日本娯楽商報」も一挙掲載しました
新刊案内↓(価格などはご自分でお調べ下さい)
「MONACO GP 大百科」外観編
おにたま
オニオン製作所
(20年11月)
「ゲーセンミュージアム」ガイドブック
スプロケ
小牧ハイウェイ企画
(21年6月)
ものと人間の文化史186「パチンコ」
杉山一夫
法政大学出版局
(21年6月)
「Pac-Man: Birth of an Icon」
Arjan Terpstra & Tim Lapetino
Titan Books
(Nov.2021)
「ジャンプバグ大百科」
おにたま
オニオン製作所
(21年12月)

ニュースレリースまたはニュースになる資料を直接メールでお送り下さい。

 .米国ウォルトディズニー社は5月11日、第2・四半期(1−3月)決算を発表、売上高は23%増の192億4900万ドル、純利益は48%減の4億7000万ドルだった。動画配信サービス「ディズニー・プラス」は会員数が、市場予測を超える6%も増えて、790万人になるなど伸ばした。テーマパークは中国の上海ディズニーリゾートが3月中旬以降閉鎖されているが、北米が再開、回復して急速に伸ばした。(5月16日)

 .オリエンタルランドは5月19日から、予約サービス「プレミアアクセス」を導入すると13日発表した。体験したいアトラクションや施設を時間指定して予約するシステムで、従来あった無料の「ファストパス」に代わる、有料のサービス。東京ディズニーランドの美女と野獣「魔法のものがたり」と、東京ディズニーシーの「ソアリン」が対象となり、一回一人2千円だが、将来対象が広がる可能性もある。(5月14日)

 .セガサミーHDは5月13日、3月決算を発表、売上高は16%増の3209億円、経常利益は333億円(前年は17億円)、最終利益は370億円(12億円)だった。部門別でエンタテインメントコンテンツの売上高は8%増の2359億円、利益は32%増の368億円だった。遊技機部門の売上高は43%増の758億円、利益は102億円(前年は113億円の損失)、リゾート(カジノ含む)の売上高は37%増の86億円、損失は67億円(89億円の損失)。エンタテインメントコンテンツのうち業務用の売上高は497億円、利益は25億円。23年3月期の予想は売上高3750億円、経常利益400億円、最終利益280億円を見込んでいる。(5月14日)

 .スクウェア・エニックスHDは5月13日、3月決算を発表、売上高は10%増の3652億円、経常利益は42%増の707億円、最終利益は89%増の510億円だった。部門別で家庭用などデジタルエンタテインメントの売上高は6%増の2796億円、利益は17%増の589億円、アミューズメント(タイトーの業務用、ゲーム場)の売上高は34%増の458億円、利益は20億円(前年は16億円の損失)、出版の売上高は8%増の290億円、利益は5%増の122億円などとなっている。(5月14日)

 .米国ニューヨーク州ロチェスターにあるストロング国立博物館の世界ビデオゲームの殿堂に「ミズ・パックマン」など4ゲームが追加された。ほかに追加されたのは「ダンスダンスレボリューション」、「ゼルダの伝説・時のオカリナ」など。日本では「ミズ・パックマン」は出荷されなかったためそんなに注目されていないが、米国では2種類目の「パックマン」として公認され、業務用がライセンスを受けてミッドウェー社から発売されたので、数も多い。ストロング博物館では展示に加えられる。(5月14日)

 .コナミHDは5月12日、3月決算〔IFRS〕を発表、売上高は10%増の2995億円、営業利益は104%増の744億円、最終利益は70%増の548億円だった。部門別で家庭用などデジタルエンタテインメントの売上高は5%増の2150億円、利益は4%増の764億円、アミューズメント(業務用)の売上高は11%増の195億円、利益は45%増の34億円、カジノ用ゲーミング機の売上高は4%増の256億円、利益は34億円(前年は20億円の損失)など。23年3月期の売上高は3200億円、営業利益は765億円、最終利益は550億円を見込んでいる。(5月13日)

 .バンダイナムコHDは5月11日、3月決算を発表、売上高は20%増の8892億円、経常利益は52%増の1336億円、最終利益は90%増の927億円だった。部門別で家庭用などデジタルの売上高は12%増の3781億円、利益は23%増の696億円、アミューズメントの売上高は29%増の823億円、利益は40億円(83億円の赤字)など。アミューズメント売上高のうち業務用は208億円、ゲーム場は615億円。直営店は国内240店、海外21店。23年3月期の売上高は8800億円、経常利益は1010億円、最終利益は7000億円を見込んでいる。(5月12日)

 .カプコンは5月11日、3月決算を発表、売上高は16%増の1100億円、経常利益は27%増の443億円、最終利益は31%増の325億円だった。部門別でデジタルコンテンツ(家庭用ゲームソフト)の売上高は16%増の875億円、利益は23%増の453億円、ゲーム場は2増1減の42店で、売上高は26%増の124億円、利益は337%増の6億円、遊技機主要部品の売上高は19%減の57億円、利益は3%減の23億円などとなっている。23年3月期の業績予想は売上高1200億円、経常利益480億円、最終利益345億円を見込んでいる。(5月12日)

 .ラウンドワンは5月11日、3月決算を発表、売上高は58%増の964億2千百万円、経常利益は53億6千万円(前年は198億円の赤字)、最終利益は39億3千7百万円(179億円の赤字)だった。店舗数は国内が1増5減で99店、米国が7増2減で46店、ロシア1増(後に撤退)、中国3増で3店。計144店。種別売上高はゲーム場が11%増の585億円、ボウリング場が27%減の177億円、スポッチャが21%減の102億円、オンラインクレーンゲームのクレッチャが3億円など。(5月12日)

 10.大阪の通天閣3階(地上22m)から、エレベーター塔の外周を周回して地下1階(地下4.5m)までヘルメットなどを着用して約10秒間で滑り降りる、全長60mの滑り台は「タワースライダー」という名前で、5月9日オープンした。通天閣観光が竹中工務店とタンデムの設計・施工により作ったもので、利用料は高校生以上が千円、小中学生は5百円となっている。免震構造になっており、身長120センチ以下の者や体重100キロ以上の者などは利用できない。(5月10日)