News Sokuhou
ホームページ未掲載のニュースを臨時に紹介します。
アーケードゲームの歴史をたどるリンク集です。本サイトに「日本娯楽商報」も一挙掲載しました
新刊案内↓(価格などはご自分でお調べ下さい)
「ビデオゲームの本の、本」山田鍵
すずめ出版
(19年5月)
「渋谷上空のロープウェイ」夫馬信一
柏書房
(20年4月)
「バンバンカー・クロニクル」福田岳士
フクタケ的ゲーム研究所
(20年11月)
「MONACO GP 大百科」外観編
おにたま
オニオン製作所
(20年11月)

ニュースレリースまたはニュースになる資料を直接メールでお送り下さい。

 .米国バリー・マニュファクチュアリング社の日本子会社だったバリー・ジャパンの元社長、ロス・シェア氏(90)がこのほど心不全によりシカゴのノースウェスタン病院で死去した。業界誌「リプレイ」電子版が報じた。米国のミッドウェー社を経て、バリー社の製品販売を80年代前半まで担当したことで知られる。本社の部長級まで昇格したが、米国でAMゲーム機販売がピークを迎えた当時、バリー・ジャパンは整理され、ロス・シェア氏はバリー社を退職、やがてゲーム業界から去った。(2月26日)

 .バンダイナムコアミューズメントは2月22日、18年国内でオープンした「屋内・冒険の島ドコドコ」(東京都立川市)の初の海岸版、「ドコドコ・ザ・ロハス康城店」を香港で18日オープンしたと発表した。現地のナムコエンタープライゼス・エイシア社を通じて開設した、キッズ向けデジタルプレイグラウンドで、これまで不可能とされてきた”夢のある冒険”を手軽に全身で体感できる施設。屋外の公園などが少ない香港市場向けに、バンダイナムコならではのデジタル技術とおもてなしのサービスで、安全で安心な遊びを提供するとのこと。(2月22日)

 32.旧ナムコから01年2月に出荷された、業務用音楽ゲーム機「太鼓の達人」シリーズが20周年を迎えることになった。面打ちと縁打ちのバチさばきというシンプル操作のみで、親子連れなどの人気を集めてきており、収録楽曲も当初はオリジナル曲が多かったが、幅広いジャンルから取り入れている。家庭用(PS2用02年10月から)やスマホ用(10年から)などでもユーザーを獲得した。和田どん、和田かつ兄弟を含めキャラクターも生み出した。バンダイナムコアミューズメントなどは記念事業を予定している。(2月22日)