News Sokuhou
ホームページ未掲載のニュースを臨時に紹介します。
アーケードゲームの歴史をたどるリンク集です。本サイトに「日本娯楽商報」も一挙掲載しました
新刊案内↓(価格などはご自分でお調べ下さい)
「渋谷上空のロープウェイ」夫馬信一
柏書房

(20年4月)
「バンバンカー・クロニクル」福田岳士
フクタケ的ゲーム研究所
(20年11月)
「MONACO GP 大百科」外観編
おにたま
オニオン製作所
(20年11月)
「ゲーセンミュージアム」ガイドブック
スプロケ
小牧ハイウェイ企画
(21年6月)
ものと人間の文化史186「パチンコ」
杉山一夫
法政大学出版局
(21年6月)

ニュースレリースまたはニュースになる資料を直接メールでお送り下さい。

 .ジェンダ(Genda、申真衣社長)は8月2日、フクヤHD(田中敬一郎社長)と合弁会社を設立、キャラクター事業に参入すると発表した。新会社はトーキョーキャラクターメーカーズで、出資比率はジェンダ51%、フクヤ49%。代表者はウォルト・ディズニージャパンに21年間勤務してきた奥野晴基氏。業務内容はキャラクターの企画、開発、デザインの販売、権利の管理など。ジェンダの子会社にはジェンダセガエンタテインメント、ジェンダゲームズなど計6社ある。(8月4日)

 .米国ハリウッドで、ピンボールをテーマにした劇場映画が製作されることになり、注目されている。ニューヨーク市で35年にわたり運営が禁止されたピンボール機が合法化されるに至った経緯とその運動に立ち上がった雑誌記者、ロジャー・シャープ氏の実話をもとにしたコメディ映画で、タイトルも「ピンボール:そのゲームを救った男」。10月にも制作がスタートされる。主演はジョエル・コートニーとクリスタル・リード。シャープ氏自身も出演するとのこと。(8月3日)

 .新型コロナ感染症対策として政府は7月30日に、4府県を対象とする緊急事態宣言と東京都と沖縄県に対する期限の延長、5道府県を対象とするまん延防止等重点措置の適用などを決めた。このためイオンファンタジーは8月1日、4府県の店舗の営業時間は8月2〜31日の間、20時までとする、2都県の店は31日まで延長する、5道府県の店は自治体の要請に沿う対応とすることを決めた。東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、営業時間10〜19時、酒類の提供自粛を8月31日まで延長することを決めた。(8月2日)

 .米国疾病対策予防センター(CDC)は7月27日、「デルタ株」の流行を理由に、感染の恐れのある地域ではワクチン接種を完了した人も、公共の室内空間ではマスクを着用するように再勧告した。2ヵ月前にマスクは必要なくなったとした勧告を転換するもので、30日から実施する。これに伴い、ウォルトディズニー社が運営する、カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドリゾーツ、フロリダ州オーランドのディズニーワールドリゾーツでは、2歳以下の幼児を除く全入園客にこれを実施することにした。(7月30日)

 .オリエンタルランドは7月29日、第1・四半期(4−6月)決算を発表、売上高は708%増の498億2千百万円、経常損失は82億7千百万円(前年同期は約152億円の損失)、純損失は60億5千9百万円(248億円)だった。部門別ではテーマパークの売上高が396億円、損失が75億円、ホテルの売上高が79億円、損失が8億円、その他の売上高が21億円、損失が4億円だった。入園者を5千人に制限しているものの、臨時休園していた前年同期からは増収となり、営業損失が改善できた。(7月30日)

 .カプコンは7月29日、第1・四半期(4−6月)決算を発表、売上高は104%増の484億2千3百万円、経常利益は125%増の238億9千9百万円、純利益は122%増の173億4千万円だった。部門別でデジタルコンテンツ(家庭用)の売上高は104%増の439億円、利益は107%増の244億円、遊技機の売上高は606%増の12億円、利益は242%増の2億円、ゲーム場は1増1減の41店舗で売上高は102%増の23億円、損失は6千万円(前年同期は5億円の損失)、その他は売上高が5%減の8億円、利益は6%減の4億円だった。(7月29日)

 .ジェンダの85%子会社、ジェンダ・セガ・エンタテインメント(上野聖社長)は7月21日、同社が運営する「セガ秋葉原3号館」の6階をパワーアップ、レトロゲーム専門フロア「RETRO:G」(レトロジー)としてオープンした。「レトロゲーム」を軸に、ゲームセンターの歴史を過去・現在・未来の三部作「トリロジー」と見立て、ゲーセン文化を後世までつなぐ、としている。「コンピュータースペース」(71年)や「ポン」(72年)など古典的なTVゲーム機など約50種がプレイできる。(7月25日)